かくどん#好きな装丁


小学生のころ、本屋の一番奥で分厚い本を見つけた。
その質感は他の本とはまるで違っていて、指先が表紙に触れるとすぐに「ああこれは特別な本なんだ」とわかった。
そこには『はてしない物語』と書いてあった。


個人的に、真っ白なところに細かく描き込んだ絵があったり、シンプルなようでいて凝ってるのが好きかも。フォントも、さりげなく独自性を出してたり。ロマンだなー
なお、自分で作ると理想と現実のギャップに(ry

お手軽・ローコストだと「表紙オンデマンドフルカラー・本文オフセット」という装丁。最近はオンデマンドでも特殊紙の使い方によっては結構いい見栄えになるのです。コストを抑えるならA5判にしたりも。

本格派だとやはり「フルカラーカバー+表紙単色カラー・本文書籍用紙オフセット」の文庫判か新書判同人誌。コスト的にまだまだ手が出しにくいものではありますが、いつかはやってみたいと思うものです。

個人的に興味あるのは とかなんですけど、同人誌刷る人はここだとどのくらいいらっしゃるんでしょうね。普通に商業誌の見てて好きな装丁でもいいんですけども!