かくどん#何から構想を練り始めるか


私はその小説のモチーフ及びキャラクターからですね。
ファンタジー世界でファンタジー種族、その中のどんなキャラクターか。
そのキャラクターのどんな体験を読者様が追体験したら面白いかとか。
モチーフに関して、資料を漁っていくうちに思いつくこともあるので、資料大事。

初投稿ついでに創作について色々メモ。二次創作中心の文字書きです。 Show more


何か表現したいモチーフやテーマを最初に決めます。
「人外好みだから、色んな種類の異形種族が出てくるファンタジー書いてみよう」
だとか
「SFだけど多宇宙もので神様や霊的なものが科学的に説明できる存在ってことにするか」
だとか
「この女神様好きだから、色っぽく、同時に神聖って感じにしよう」
だとか。
そういうモチーフやテーマが魅力的に表現できて、しかも面白い展開になるよう考えますね。

 

ふと、気づいたこと。
「自分の好きなこと」「おおまかなジャンル」この二つを決めたら、次は「尺」ですかねえ。

キャンバスが大きければ迫力が出ますし情報量が多い絵が描けますが、反面描くのが大変になりますし。
大きなキャンバスに小さい絵を描けば、制作自体は楽ですけど実際のサイズよりも絵が小さく見えてしまうでしょうし。

ギャグのネタ。まれにワンシーンの絵から始めることも。

着想からはしばらく想像を泳がせる感じで拡げる。この時点ではまだストーリーまでは気にしない。

どっちかというと、外堀から埋めていく感じ。
キャラクターのプロフィールつくって、異世界ものなら世界観などを思い付く限り書きだします。

その場で即興的に考えたいというのもあって、自分自身の体験やふとした疑問点を組み合わせてひとつの世界を想像して作り始めます。

私の場合は自分が読みたいモノを考えますね。

こういう設定の小説を読んでみたい、という物語の柱を決めて、細かい部分を練り上げます。

ただ、この方法だと基本的に複数の要素を掛け合わせた設定を思いつくので、読んでみたいと思う時点でいくつかのピースが存在していなければいけません。

そう考えると、大事なのは小説以外の経験かもしれませんね。

基本はこんな感じですが、時に順序が入れ替わるかな?

気になった物事を、あれこれいじくりまわす
→面白いと思ったらいきなり書き出す
→登場人物が勝手に動き出し、彼らが面白く動けるように舞台を設定する
→テーマが見えてきたらオチを考える

自分はいつもキャラクターから思いついてそこからそのキャラクターが活躍できる、もしくは映える世界観を作っていきます。

考えたことがないし、楽しく書き散らかすなら考えちゃいけないことのような気がする。楽しくないことは続かないし。

敢えて言うなら「欲望の赴くままに」〜。

よくやってしまうのが、「自分が好きなものについて」ですね(´▽`) '`,、'`,、

 
その日の心境から考え始めることが多いけれど、小学生たちが駆けていくのを見て「こいつらはなぜ走っているのか」という風に考え始めることもある。
他人の行動の理由を妄想することで、物語が浮かんだりする。浮かばないときもある。

あ、それから、Twitterと連動する診断メーカーで遊んでみて、書けそうなイメージのテーマが出されたら書いたりもしてます。
私は、ラブライブ!のμ'sのにこまき推しなので、2回ほど、診断メーカーの「にこまき創作テーマったー」さんのお世話になって書いたことありますf(^^;

二次創作ですから、やはり、ラブライブ!の公式が発表している、楽曲、アニメ、SID(school Idol Diary)シリーズ、コミック等から得たものを。
または、中の人である声優さんの楽曲や、その他の気に入ってる楽曲等からもキャラクターやCPに合いそうな楽曲からヒントを得ることも。


大体曲聴いてたり、ぼーっとしてたりすると、ふと「このシチュいいな」って浮かんでくるから、そこから肉付け?してく。

「なぜ人間はこんなにも馬鹿なのか」から、だいたいスタートします。


なるべく条件が絞られている方が書きやすいです
クリスマス、バレンタイン、ホワイトデーとか
お題が「リア充」の短歌とか
逆に緩いくくりで好きなようにと言われると発想の取っ掛かりがない
こうして書き出してみると、これは創作じゃなくてまるでテストの回答みたいですね、小論文みたいな