かくどん#一人称か三人称か

一人称のこだわり Show more

長くなったのでたたみます、人称のお話 Show more

実のところ、この問いの立て方が果たして妥当なのかという疑問をいつも持っている。語り手を誰にするかという問題でしかないので。

他方、三人称の文章であっても「視点」をどこに置くかで描き方は変わってくるし、他人の内面にずかずか入り込んで解説してしまうような「神の視点」で描くのか、あるいは特定の人物から見えない出来事はあえて書かないという手法を採るのか、カメラで写すように人の内面にまでは立ち入らず描写するのか(この場合は映像的な暗喩を駆使することになろう)といった選択の方が重要に思えてならない。

正直な話、自分が書く場合においては模索の段階ですなァ。基本スタンスは「カメラのように」だし、一人称で書くときには内面についても言及できる一方でええかっこしいや語りたくないことがあるという「嘘」を生じさせるべきだと思っている。三人称のときは人物の内面を手当たり次第に語り出すとキリが無くなる。そこはちょっとずつ題材と馴染む形で自分が飽きない程度に実験していきたい。


どっちがいいのかもまだわからない。
けど、1人称は一気に書けるけど内容がぐちゃぐちゃになりやすく、3人称はぜんぜん筆が進まないけど、その分構成がしっかりしやすい 『気がする!!』


今の作品は一人称のみです。
視点転換は無しで。実力的に無理をしている気はするのですが。
視点転換での種明かしは好きなんですけどね。

今、一人称の小説に挑戦してるんですが、結構行間が空いてしまいます…。
ネット小説にするなら見やすいかもしれないけど、本にすると逆に読みにくいかなぁ…と悩み中。


最近の自分の傾向だと、主人公の内面を知ってほしい場合は一人称、他の登場人物の内面も知ってほしい・あるいは主人公に同一化してほしくない(してもらってもいいのですがおそらくしづらい)作品の場合は三人称を使ってますね。ただ一人称の方が筆の進みが早いような気がします。
自分の書いた二次だと結構三人称がありますが、オリジナルは圧倒的に一人称が多いです。三人称が得意な方には憧れますね。

三人称。一人称は書きやすいですがなんかちょっとアレな感じがします。好みの問題。あと三人称のほうが視点を移すことが簡単。時々その視点の人間の一人称(独り言)が入る程度な感じの書き方です


基本的に娯楽小説では三人称が最適だと思っています。一人称はミステリーなど一部でしか効果を発揮できないかと。

個人的に一人称が簡単すぎて、ただいま封印中…
一人称は主人公の視点しかないのが楽ですね。

一人称。ひたすら視点の人物がしゃべり倒す。

一番書きやすいのは、三人称一人視点ですかねぇ。固定した一人から離れない三人称ですね。挙動を描くのが多いので、それが一番楽に書けます。
一人称は短編くらいしか、ちょっと息切れします。挙動描写に制限が掛かるのが苦しいので。
そんな感じです。

その物語に合った方を選択します。

一人称➡️恋愛もの、主人公成長もの
三人称➡️神視点か一元視点かで変わるが、群像劇やミステリなど

私個人としては三人称の方が書きやすいです。一人称は主人公の性格を理解していないと書けないので難しく感じます。

一人称を書く場合は、主人公の性格を掴むために、現在・過去の周囲の人間との出来事、果てはトラウマまで設定を練らないと書けません。


いつも三人称でひらめきます…が、途中でこれ一人称がいいんじゃないかと思ったら、一通り書いて修正します。
人間視点の描写?がいいと思ったら一人称。俯瞰で突き進みたいと思ったら三人称です。
でも一人称難しくないですか…ヘタレのわたしは主人公の心情を必要な部分+α深掘りしていないと書けません……


二次創作のときは一人称になることが多いです。恋愛メインのときは一人称。登場人物が多い長編とかだと三人称です。お話によって使い分けてます。三人称でも神視点というのはほとんど使いませんが。


もっぱら一人称。主人公視点で基本書いて、たまにその周りの人の視点とかにする。
でも、稀に場面によっては三人称にもなる。でも基本は一人称。

一人称です。
アンサーストーリーのように、一人称で書いて、同じシチュの視点違いを書いたり読んだりするのが好きなのでf(^^;