ヤンパル is a user on kakudon.com. You can follow them or interact with them if you have an account anywhere in the fediverse. If you don't, you can sign up here.
F7f370f18d762471

ヤンパル @Novel_Yanpal

曇天のマリィズ#3
pixiv.net/novel/show.php?id=82
kakuyomu.jp/works/117735405488
ncode.syosetu.com/n2528dz/

時は核戦争。神の御光により核爆弾から守られていた"神国"ザルツは、代わりに現れたマリィズと呼ばれる存在に脅かされる。マリィズを退治できるのは、物質を操る御光と人間の空想の力によって生み出される化身・トゥルパである。空想力豊かな少年少女によってトゥルパをあやつる神軍が組織される。
これはそんな世界における、父の死に疑念を抱く女教官と天才少年の物語である。

「諦めるな!諦めるのはまだ早い!」
「お、お師匠!」
「なぜならお前は永遠に諦めることができないからだ。」
 そう言って師匠はチャカを取り出し

曇天のマリィズ#3
pixiv.net/novel/show.php?id=81
kakuyomu.jp/works/117735405488
ncode.syosetu.com/n2528dz/

時は核戦争。神の御光により核爆弾から守られていた"神国"ザルツは、代わりに現れたマリィズと呼ばれる存在に脅かされる。マリィズを退治できるのは、物質を操る御光と人間の空想の力によって生み出される化身・トゥルパである。空想力豊かな少年少女によってトゥルパをあやつる神軍が組織される。
これはそんな世界における、父の死に疑念を抱く女教官と天才少年の物語である。

「顔ダニって知ってるか?人の顔に無数住み着いてるやつらのことさ。やつらは俺たちの顔の上で住処を作り、セックスし、子供を残す・・・俺は気づいたんだよ。人間とやらも地球の顔ダニなんじゃないかとね」

「曇天のマリィズ #2」
続きを投稿しました。
「量子の神」という人工知能がその御光で核攻撃から守っている神国ザルツ。しかしそんな御光に紛れてマリィズと呼ばれる怪物が街を襲撃するようになった。それに対抗する神軍の教官を担うローラは、異常な才能を秘めつつもそれゆえ怖がられていて全くの教育を受けられなかったレギオンの指導を任され、「神」のいる神殿から引き取る。
その帰り道・・・。
 kakuyomu.jp/works/117735405488

ncode.syosetu.com/n2528dz/

pixiv.net/novel/show.php?id=81

「曇天のマリィズ #1」
シリーズ開始しました。
人工知能の神の放つ"御光"によって核ミサイルの脅威から守られている神国ザルツ。しかし、その"御光"の影から現れるとされる化物マリィズが発生する。彼らを倒すために訓練された少年少女の神軍と、その教官の物語。
pixiv.net/novel/show.php?id=81
kakuyomu.jp/works/117735405488
ncode.syosetu.com/n2528dz/

その場で即興的に考えたいというのもあって、自分自身の体験やふとした疑問点を組み合わせてひとつの世界を想像して作り始めます。

アカウント始めました。ゆるりとSFなどを書く予定です。