Neko_Inu_@小説インスタンス is a user on kakudon.com. You can follow them or interact with them if you have an account anywhere in the fediverse. If you don't, you can sign up here.
C6962a5e59237f50

Neko_Inu_@小説インスタンス @Neko_Inu_

@Wkumo2016 原因はわからないのですが、とりあえずログインできるようになってよかったです。また何かあれば教えてください。

@Wkumo2016 ご報告ありがとうございます!調査いたしますので、何か変化があった場合には再度ご連絡いただけると嬉しいです。

確か荒木飛呂彦はキャラクターの履歴書を細かく作り込むやり方だったと思います。
ハリウッド系の脚本術もキャラクター造形ではそういうアプローチですし、エンタメ全般に使えるやり方のように感じます。
まだ読んでないですがw


そういえばこれめちゃくちゃ役立ちそうですが、ずっと積読にしてますw

荒木飛呂彦の漫画術 (集英社新書) amazon.co.jp/dp/4087207803/ref

Twitterと違い、マストドンは日常の何気ない物事を投稿するより、インスタンスのテーマに沿った投稿をするほうが面白くなると思う。
でも投稿に多様性があると面白いのも事実。
なんかのハッシュタグで日常に小説フィルターをかけて投稿するといいかも?

等でどの程度率直であるべきかという問題は面白いですね。
その点に関して僕自身は効率重視マッチョイズムなので優しい言葉だろうが酷評だろうが関係なく、自分が糧に出来る情報がたくさんあればいいし、どんな感想でもそれは「読者の心理」なので作者としてはそれを糧にすべきだと思っています。
とはいえ、その価値観を押し付けるつもりはありません。
コミュニティの価値観とはすなわち文化であり、押し付けてしまったらその文化はそれ以上育ちません。
ここでは独自の文化をもりもり育てたいので、みなさんに好き勝手に考えを主張してもらいたいのです。
感想を受け取った作者の利益や取るべきスタンス、感想を送る人の利益や取るべきスタンス、感想がかくどん全体に与える影響等、考えるポイントはたくさんありますが、運営は火を付けて回るだけです。
一体かくどんの感想ってどうあるべきなんですかねぇ?

なんだかトゥートが増えているような感じがして素晴らしいですね。

マストドンのバージョンを上げたばかりで独自機能であるTopicsの新バージョン対応がまだですので、Topicsの次回更新はやっぱり未定でw

みんなに語って欲しいネタがあれば、 で気軽に挙げて下さい。
そして何か話すネタがないか探す時も是非 から探してみてください。

とかそういうハッシュタグにしたほうがハードルが下がっていいかもしれませんね。
自分でやってみて思いましたが、妙に整えたくなって無駄にオチを考えて描写が主軸ではなくなりやすいですね、これはw
書きかけのクロッキーを見せ合う程度の気楽な遊びがちょうどいいはず。

そのうち自動でいい感じのハッシュタグが目に触れるような仕様を実装したいです。
人が増えるほどカオスになりすぎて人が住めない場所になるので、話題の可視化を進めてカオスをスパイス程度に抑えていきます。

ハッシュタグをうまく提示する機能はまだ実装していないので、とりあえず毎週金曜あたりにTopics入れ替え検討をしようかと思います。
Topicsの中であまり使われていないものを外し、既に結構使われているけどTopics入りしていないものや、 で提案されたもので面白そうなものを新しくTopics入りさせたり。

とか とか面白いかも。妙に変態的だけどめっちゃ読ませる描写投げてくる人とか現れて欲しい。


描写練習ならもっとあっさりしてていいかもな。ちょっと整えすぎたかもしれない。

 駅のホームに降り立つと、スーツを着た人々が片側にだけ列を作っていた。朝の通勤時間の、いつもの光景だった。
 ホームの反対側では、誰も列を作っていない。こちらは下り方面なのだ。
 スーツが列をなす上り方面は、ちょうど日陰になっていた。日の当たっている下り方面と比べると、不思議と実際よりもずっと暗いように感じた。スーツの色が黒ばかりだからだろうか。
 いや、違うな。他の人間と同じように黒いスーツを着て列に並んだ僕は気づいた。暗く見えてしまうのは、僕が会社に行きたくないからだ。ただそれだけの理由なんだ。
 振り返ると下り方面に電車がやってきた。銀色の車体の凹凸は日差しを乱反射させ、目の奥に刺さるような明るさで輝いていた。
 スーツではしゃぐ大人がいたって、きっと誰も気にしないか……
 僕は列を抜けた。

@pincta それはマストドンの仕様で、サーバー内に既にある情報しか表示されません。なのでフォローフォロワーの数値も、インスタンス内にフォローしているorフォロワーされている人が何人いるかです。トゥートに関しても、このインスタンス内の誰かと繋がった後のトゥートしか表示されません。


特定の対象を描写したあとにちょっとひねった動作や心境を書き加えれば、一種の掌編作品や散文詩のようなまとまりが出てきます。なのでいろんな人の描写が集まると、それは読むぶんにも楽しいんじゃないかと思っています。。
ツイートだとしっかり描写する紙幅がないのでショートショートのあらすじのようになってしまいますが、トゥートなら対象を絞ればがっつり描写することも可能なはず。

が少しずつ回るようになっていい感じですね。
のハッシュタグでもいろいろやりたいのですが、描写訓練はささっとできるものじゃないのでつらいですねw 時間があるときにやってみようと思います。

@restart2tragedy shortnoteもマストドンやってたんですね!そっちから大量に移住してこないかなーw