和沙 is a user on kakudon.com. You can follow them or interact with them if you have an account anywhere in the fediverse. If you don't, you can sign up here.
Bd85e6899c501714

和沙 @7yoduki

短編をカクヨムに投稿しました。 Show more

関西圏の皆様、地震は大丈夫でしたでしょうか?私の所は、緊急地震速報がTVに出た数秒後に揺れが来ました。速報のおかげで、テーブルの下に隠れる余裕がありました。揺れてる間に、猫もテーブルの下に逃げてきました。家族全員、無事でよかったです。

和歌といえば『拾遺抄』巻第6-195番「さくら花 つゆにぬれたる顔観れば 泣きて別れし 人ぞ恋しき」が好き。「題不知」で「読人不知」の歌だけど、誰が何のために読んだかわからないからこそ歌の情景が際立つ感じがする。

大阪は難波のユザワヤへ突撃したら、コスプレ用のウィッグや化粧品、コスプレ衣装制作雑誌が置いてあった。
さすがはオタクの街の手芸用品店。「郷に入っては郷に従え」というか、「所変われば品変わる」というか。イベントの時、衣装にトラブルが起こったらここへ駆け込むっていうこともできますね。

日本には、『安撰和歌集』っていう僧侶と男童の和歌を載せた和歌集があります。南北朝期の稚児の名前がいっぱい載ってて、歴史物の参考になります。一番好きな名前は「虎夜叉丸」。

「小説家になろう」でユニコード文字を入力する方法がよくわからなくてずっとググってた。普通にユニコード文字で下書き書いて、それをコピペしていけるんかな?

朝ドラ「半分、青い。」で「けなるい」という言葉が出た。広辞苑で調べてみると、「異(け)なり」という言葉が変化して生まれた語というのがわかった。意味は「普通とは違っている」とか「すぐれていてうらやましい」である。『新古今和歌集』にも用例がある。方言に残る古語なのだろう。

ところで『礼記』内則第十二に、「食事はあったかく、味付けは蜜や脂で口当たりなめらかにしような」(超意訳)ってあるんです。なので「これがもしかして油分多めの中華料理の起源ですか?」って中国哲学の先生に聞いてみたんです。でも「違うでしょう」っていう答えでした。解せぬ。

いやーこの映画の脚本家である小林靖子先生が、実写版「刀剣乱舞」の脚本も書くと聞いて、改めてワクワクする次第です。

劇場版「仮面ライダーオーズ WONDERFUL 将軍と21のコアメダル」を観ながら作業したら、進捗は5%くらいに留まりました。暴れん坊将軍が面白すぎるのがいけない(責任転嫁)

ノベルゼロ『S20/戦後トウキョウ退魔録』(伊藤ヒロ・峰守かずひろ、KADOKAWA)読了。
戦後まもない東京を舞台に、紙芝居執筆で生活するワケアリ3人の退魔譚。短編連作でサクッと読める。敵に襲われながらその正体についてぎゃあすか喋ってる主人公ズという構図が、なぜか懐かしい。昭和生まれエンタメを知ってると、ニヤリとできる。
面白かった!

現代を舞台にした妖怪モノ書くときに、日本の行方不明者の数を調べたことがある。
年間8万人が行方不明になって、所在確認ができるのが7万人、残り1万人がガチの行方不明者…というデータが見つかった。
なので作品内では、1万人が妖怪の胃袋におさまるという計算にした。

伏見稲荷で火災があった。その原因は、火の付いたロウソクをカラスが持ち去ったことによるものと推定されている。まさに「月夜烏は火に祟る」である。
なお、カラスは火を全く恐れず、しかもロウソクのような脂モノが大好物であるため、持っていくらしい。

森瀬繚先生訳『クトゥルーの呼び声』(星海社)を読み始める。創元推理文庫『ラヴクラフト全集』と比べると、格段に読みやすくなっている印象。
新訳のおかげで、クトゥルフ神話がこれからもこの極東の島国で盛り上がっていく予感がする。

『ダンジョン飯』第6巻を読了。夢魔の造形にハマグリを持ってきた九井先生のセンスに膝を叩いた。作中では「シン」と説明されていたけど、漢字を当てると「蜃」。蜃気楼を起こすとされた大ハマグリのことだ。鳥山石燕の『今昔百鬼拾遺』(角川ソフィア文庫『画図百鬼夜行全画集』収録)に図像がある。

夢枕獏先生が地元にいらしたので、『闇狩り師』にサインしてもーらったー!

40年前の読者論で「そもそも小説は女性をターゲットにしていなかった」的なことが書かれててビックリしたなぁ。ちゃんとしたメモがないけど、たしか『国文学 解釈と鑑賞』1980年10月号だったかなぁ。

今読んでるのは『夜を乗り越える』(又吉直樹、小学館)、『死ぬほど読書』(丹羽宇一郎、幻冬舎)。どちらも「読書っていいぞ」というのを教えてくれる本。

宮沢賢治先生とラヴクラフト御大が、ともに1920年代に作品を世に送り出していることを知った。
そういえば、宮沢先生の作品も宇宙をモチーフにしたものがいくつかありますね!?

久々に書き出し書いたら、超絶難しい……書いては消し、書いては消しだぁ。カメラワークをどうしたらいいかでめっちゃ迷ってる。遠くの情景から説明して、徐々に主人公にズームするか、主人公をバーンと出して徐々にカメラを引いていくか。うーむ。